笑顔の女性

再建築不可な物件もある|周辺の相場よりかなり安く購入できます

任意での売却の流れ

家

住宅ローンの返済が困難になれば、競売を避けるために任意売却を行うことが必要になります。早めに手続きをしなければ、次第に不動産を安く手放すことになるので注意が必要です。一般の仲介業者に依頼することで面倒な手続きも行ってくれるので助かります。

もっと読む

中古住宅購入の注意点

困る中年男性

接道する敷地の間口を測る

中古住宅を購入する時には再建築不可かどうかを調べる必要があります。再建築不可というのは建て直しができない住宅という意味です。どのような住宅が該当するかというと、道路に接している敷地の間口が2メートル未満の場合です。これは建築基準法によって、道路に面した敷地の間口は4メートル以上と決められているからです。中古住宅や土地を購入する場合、道路に接している敷地の間口を調べる必要があります。周辺の住宅や土地価格に比べて極端に安い場合は、再建築不可の可能性があります。また土地が2つに分かれていて、両方にまたがって建っている住宅を建て替える場合も注意が必要です。建て替える時に、片方の土地の区分所有者の許可がないと再建築不可になります。

工夫次第で利用価値がある

接道している敷地の間口が2メートル未満の場合は再建築不可ですが、そのため周辺の相場よりかなり安く購入できます。将来の建て替えは不可能ですが、住み続けることはできるのです。その点を理解しておけば、安く購入して住み続けることは可能です。その時の工夫として、老朽化した箇所をその都度手直しすればいいのです。もちろんリフォームして新築同様の家に替えてしまうことは違法行為なので認められませんが、不具合のある箇所を少しずつ手直しして住み続ける分には問題がないのです。また子育てが終わるまでの期間を一戸建てで育てたい場合に、安く購入できる再建築不可物件は利用価値があります。子育てが終わった段階で、不動産屋に売却すればいいのです。もちろん安い査定額になりますが、買い取ってくれる不動産業者はあります。

不動産の売却方法

マンション

マンション売却を行う流れとしては、まず複数の仲介業者へ見積書依頼を出すことから始めます。次に業者を選ぶ基準ですが、見積価格が高いことに加えて、周辺環境に詳しいことが大切です。より高くマンションの価値をアピールできるからです。

もっと読む

知っておくのが大切

マンション

マンション管理会社というのは、いったい何をしてくれるのかを知っておくことで、トラブルを避けられます。家賃の滞納があった時の対処が重要ですし、お金の管理を任せるのであれば、通帳のコピーを見せてくれるのかなどを調べておきましょう。

もっと読む