模型の手渡し

再建築不可な物件もある|周辺の相場よりかなり安く購入できます

任意での売却の流れ

家

保有している不動産のローン返済が困難になると、一定期間滞納が続くことで債権が金融機関から回収会社へと移ります。その時点で分割払いの権利を失い、ローンの残債を一括で支払うように求められます。当然ながらそれは不可能であることがほとんどなので、その不動産は差し押さえられた上で競売で処分されます。競売は相場価格とは関係なく、破格の安値で処分するものなので、ローン残債が残ってしまいます。その前に任意売却で手放す必要があります。ただし、その申請を行っても競売までの流れが止まる訳ではないので、注意が必要です。できればローンの支払いが苦しくなった時点で、早めに任意売却の続きを行うことで、余裕を持って売却活動ができます。

これまでは不動産の任意売却といえば、専門機関が買い手を探した上で売却条件のすり合わせを行ったものです。これは買い手の権利を保護するのが目的で、決して売り手の条件を良くするのが目的ではなかったものです。けれども弁護士などが手続きに立ち会い、債権者と交渉してローン残債の返済について有利となるように手続きしてくれます。今では、一般の不動産仲介業者であっても、そのような交渉などを行ってくれます。その上で極力売り手に有利となるように不動産相場に近い金額で任意売却を行ってくれます。競売までの定められた期間内に売却活動を行う難しさはありますが、その蓄積された営業力を活用して買い手を探してくれることになります。